歯周病perio

沈黙の病気である「歯周病」

歯周病とは、歯の周囲に付着した細菌の塊である歯垢(プラーク)が、歯と歯肉の間に入り込み、やがて歯を支える骨まで溶かしていく病気です。

痛みなどの自覚症状を感じることはなく、気づいたときには既に進行してしまい、歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。また最近の研究では、口の中の細菌が全身に広がることで、心臓病や糖尿病といった疾患にも深刻な影響を与えると言われています。

歯周病は歯肉炎・軽度・中度・重度と段階を踏んで進行していきます。軽度であれば、定期的なクリーニングやご家庭でのブラッシングで進行を防ぐことが可能ですが、重度となると専門的な治療を要します。当院には「日本歯周病学会」の認定を受けた歯周病専門医が在籍しておりますので、気になる症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

歯周病セルフチェック

日本人の約8割が罹患していると言われている歯周病。下記項目に一つでも当てはまる方は、歯周病もしくは歯周病予備軍です。

  • 歯を磨くときに歯茎から出血することがある
  • 親しい人から「息が臭い」と言われた事がある
  • 歯茎からウミが出ることがある
  • 朝起きたとき、口が粘ついたり妙な味がしたりする
  • 歯茎が赤く腫れたり、痛んだりすることがある
  • 歯がグラグラと動く感じがする
  • 歯茎がむずがゆい感じがする
  • 歯と歯の間に、良く食べ物が挟まる
  • 鏡で見ると、以前よりも歯が長くなったように感じる

 

歯周病治療の方法とは?

1.歯周ポケットの測定

歯周病の基本治療歯周病の治療は最初に、歯と歯茎の間の「歯周ポケット」を測定することからはじまります。一般的に、歯周ポケットの深さが1~2mmであれば正常。3~5mmであれば中程度の歯周病、6mmを超えると歯周病は進行していると考えられます。

そのためポケットの深いところや、検査時に出血した箇所は、歯周病の可能性大。この部分から、治療を開始いたします。

2.歯肉炎・軽度~中度歯周病の治療について

歯の表面や根の部分などにこびりついている歯垢・歯石は、スケーラーという器具を使用し、削り取ります。また、歯根の表面がざらついていたり、歯石がこびりついたりしている場合などは、歯垢や歯石から発せられる毒素で汚染されている可能性が高いため、「ルートプレーニング」という技法で表層を除去。完全に歯石を取り去るには時間がかかりますが、歯石を除去するとその部位の炎症がおさまり、軽度であればそのまま治癒します。

※歯石の除去作業には痛みを伴う場合もあります。当院では適宜麻酔を使用し、患者様に痛い思いをさせないように注力しています。

3.重度歯周病の治療について

歯垢や歯石の除去ではポケットの深さが改善されない場合、ポケットの深さを減少させるための外科的な手術を行います。また、歯周病が進行して骨を失っている場合は、特殊な材料で失った部分の骨を補う手術を行うこともあります。

重度歯周病の外科的治療について

歯周組織再生療法:GTR(Guided Tissu Regeneration)法

GTR法(Guided Tissu Regeneration)は、歯周組織を再生させる治療法で、1980年代初頭に研究・開発が始まり、1990年代から世界中で広く応用されるようになりました。

ポリテトラフルオロエチレンというフッ素樹脂から作られた素材を、歯肉と他の歯周組織(歯根膜・歯槽骨)の間に入れることで、失われた歯周組織を再生させ、元の状態に近づけていく方法です。

GTR法は施す医師の技術によって、治療効果が大きく変わる、非常に難しい手術法です。歯周病専門医の資格を持つなど、確かな技術を持つ当院のような医療機関にて受けることをおすすめいたします。

エムドゲイン法

エムドゲイン法とは、高い安全性が認められている、「エムドゲインゲル」という特殊な素材を使用し、破壊された歯周組織を回復させる手術法です。
エムドゲインは歯根の形成時にも分泌されるもので、歯を支えるための付着組織を発達させる物質であることが確認されています。2008年5月現在、世界44ヵ国で行われている安全な歯周病治療法です。

歯周病治療後のメインテナンス

歯周病は、とても再発しやすい疾患のため、日々メインテナンスを行うことが重要となります。

歯周病が治療により改善した箇所も、歯周病によって溶けてしまった骨が元通りになるわけではなく、歯と歯肉が弱く結合している場合がほとんどです。そのためブラッシングやメインテナンス治療を怠ると、歯周病はかんたんに再発してしまうのです。

再発を防止するためには、日常生活でのブラッシングなどによる自己管理と、定期的に歯科衛生士による専門的なクリーニングなどを受けることが何より効果的です。当院には歯周病に精通した歯科衛生士が在籍しております。ご不明な点は、お気軽にご相談ください。

日本歯周病学会専門医とは?

日本歯周病学会では、歯周病に対する一定の臨床経験と知識などを試験し、合格者に対して「日本歯周病学会専門医/認定医」という資格を授与しています。また、専門医・認定医資格は5年ごとに更新する必要があることから、常に歯周病治療に携わっていなければ、専門医・認定医の資格を保持し続けるのは難しいのです。

歯周病治療は歯科領域において比較的新しい分野であり、治療内容も複雑です。そのため、歯周病に対する的確な診査・診断・治療ができる歯科医師は現在のところ少数に限られているのが現状です。現在、全国の歯科医師のなかで0.6%しかこの資格を保有しておらず、非常に維持が難しい資格といわれていますが、当院で歯周病治療にあたる医師は、全て専門医・認定医の資格保有者です。

日本歯周病学会専門医についての詳細はこちら

ドクターズファイル 有楽町デンタルオフィス 公益社団法人日本口腔インプラント学会 日本歯周病学会 慶應義塾大学 歯科・口腔外科学教室 東京歯科大学